2023-06

pranayama

【壱の技法】ヨーガ呼吸法の習得に必読!正しい座り方の秘訣とは?

ヨーガ呼吸法と座り方の関係 ヨーガ呼吸法を学ぶにあたってマスターしたい7つの技法があります。今回は【壱の技法】正しい座り方です。 ヨーガ修行において、呼吸法と座り方(坐法)は密接に結びついています。正しい座り方は、ヨーガにおいて重要な役割を...
pranayama

呼吸の秘密に迫る! ヨーガ呼吸法の世界へようこそ!

呼吸と呼吸法の違いとは? 呼吸と『呼吸法』の違いは何でしょうか? 「そんなこと考えたこともなかった」という方がほとんどだと思います。 日常で無意識にしているのが呼吸です。そして意識的に実践するのが『呼吸法』なのです。 ここに呼吸の秘密が隠さ...
Ramakrishna world

【ゆるがない心】サーラダーナンダの生涯(終)

ラーマクリシュナ・ミッションでの事件 ラーマクリシュナ・ミッションは発展しました。インド全国に、そして世界各地に僧院とセンターのネットワークが広がりました。それにともない煩わしい問題も多発しました。 1909年、マニクトラ爆弾事件に関係した...
Ramakrishna world

【ゆるがない心】サーラダーナンダの生涯(4)

『ラーマクリシュナの生涯』執筆の裏側。 サーラダーナンダは師ラーマクリシュナの生涯を、後世に正しく伝える必要性を痛感していました。そして借金返済のためにも、本に書いて出版しようと考えました。 拡大し続けるラーマクリシュナ・ミッションと僧院の...
Ramakrishna world

【ゆるがない心】サーラダーナンダの生涯(3)

【放浪修行へ】 やがてサーラダーナンダは、食と雨露のしのぎを完全に神にお任せする、放浪修行に憧れるようになりました。そこで彼は聖地プリーに行き、続いて北インドの聖地を巡りました。 1890年、シヴァ神の祝祭の夜、兄弟弟子たちの小グループは、...
Ramakrishna world

【ゆるがない心】サーラダーナンダの生涯(2)

【燃え盛る炎を前にして】 1885年、シャラトは大学の一般教養課程を卒業し、コルカタ医科大学に進学しました。しかし運命は、シャラトを医者にはしませんでした。ラーマクリシュナが病に倒れたのです。師が療養のためにカーシープルに移ると、シャラトは...
Ramakrishna world

【ゆるがない心】サーラダーナンダの生涯(1)

ラーマクリシュナはある日、法悦状態で一人の若者の膝の上に座っていました。彼はあとからこのように言いました。 「わたしは、彼がどのくらいの重さに耐えられるかテストしていたのだ」 その若者はシャラト(後のサーラダーナンダ)でした。後年ラーマクリ...
Ramakrishna world

【インド六派哲学のマスター】ナーラーヤン・シャーストリの物語

ドッキネッショルのカーリー寺院は、聖地プリーやガンガー・サーガルへ巡礼する街道に隣接しており、サードゥ(出家修行僧)たちの絶好の休息所になっていました。 それゆえラーマクリシュナのもとにも、様々な修行者がやってきました。このブログでは以前、...