ブッダ伝(4)初転法輪と仏教教団の始まり

仏教

初転法輪~五人の修行者の解脱

最初に教えを説かれし者は?

ゴータマ・ブッダが悟りを得てから49日が経過していました。彼は「この深遠で理解しがたい悟りを最初に誰に説こうか?」と思案しました。そのとき、ブッダはかつての瞑想の師、アーラーラ・カーラーマ仙人とウッダカ・ラーマプッタ仙人を思い出しました。

「彼らならば、この教えを速やかに理解できるだろう」と彼は考えました。しかし、残念なことに、二人が数日前にこの世を去ったことを知りました。

次にブッダは、かつて自分に仕えた五人の苦行者たちを探しました。ブッダは天眼を使い、ヴァラナシの郊外、サールナートにある鹿の園に住んでいる彼らを見つけました。ブッダはおよそ250キロの道のりを歩いて、彼らのもとへ向かいました。

鹿の園にいた五人、コンダンニャ、ヴァッパ、バッディヤ、マハーナーマ、アッサジは、遠くから一人の修行者が近づいてくるのを目撃しました。やがてその人がゴータマであるとわかると、彼らは互いに確認し合いました。

「ゴータマは苦行を放棄し、贅沢に走った男だ。挨拶すべきではない。出迎える必要もないぞ」

しかし、ブッダの威厳と光輝く姿に彼らは完全に圧倒されました。自制心を失い、五人はブッダに走り寄り、彼の托鉢の鉢を受け取り、座を設け、飲み水と足を洗う水を用意しました。

ブッダは語りかけました。「修行者たちよ、法を聞く耳を用意しなさい。私は不死の法を獲得したのだ。その法をそなたたちに説こう。

そなたたちが私の教えに従うならば、無上の清らかな修行を完成し、この現世において悟りに到達するだろう」

するとコンダンニャは、こう問い返しました。

「ゴータマ! あなたは苦行をもってしても、悟りの境地を得ることはできなかった。それなのに、努力を怠り、贅沢に走りながら、どうして解脱への道を見つけることができようか?」

ブッダは威厳に満ちた口調で答えました。

「私は決して、努力を怠ったわけでも、贅沢に走ったわけでもない。私は、智慧を完成し、正しく覚醒してブッダになったのだ。修行者たちよ、法を聞く耳を用意しなさい。私は不死の法を獲得したのだ。その法をそなたたちに説こう」

初転法輪~『四つの聖なる真理』と仏教教団の形成

そしてブッダは修行者たちに、『四つの聖なる真理(四諦したい)』の教えを説きました。それは以下の通りです。

1.苦しみの真理
『生老病死』は苦であり、憎い人に会うこと、愛する人との離別、欲するものが得られないこと、自己を構成する五つの集まり(色受想行識しきじゅそうぎょうしき)もすべて苦しみである

2.苦しみの原因の真理
無明こそが苦しみの生起の根本原因である。煩悩が真理を見えなくしている

3.苦しみの止滅の真理
煩悩を余すところなく滅し去ることで、苦しみは止滅する

4.苦しみの止滅に至る道の真理
聖なる八つの道、すなわち、正しい見解、正しい思惟、正しい言葉、正しい行い、正しい生活、正しい努力、正しい念、正しいサマーディを実践することで、苦しみの止滅に至る

この教えを受けて、突然コンダンニャに真理を見る法の眼が開かれました。ブッダは歓喜して叫びました。

コンダンニャは悟った! コンダンニャは悟った!

それゆえに彼は『アンニャー(悟った)・コンダンニャ』として知られるようになりました。

アンニャー・コンダンニャはブッダに向かって懇願しました。「尊い御方よ、どうか私をあなたの弟子にしてください」。他の四人も合掌して切望しました。

ブッダは彼らに言いました。「来たれ、修行者たちよ。法は十分によく説かれた。正しく苦しみを滅するために、清らかな修行を行なえ」

こうして小さいながらも『仏教教団(サンガ)』が形成されました。毎日、三人の修行者が托鉢に出かけ、戻ってきたら残りの三人とともに供物を分かち合いました。

修行者たちは一日一食で、正午を過ぎると一切の食事をとりませんでした。彼らの不断の訓練により、ヴァッパ、バッディヤ、マハーナーマ、アッサジも悟りの境地に達しました。

大富豪の息子ヤサ~悩める青年の解脱

明け方の出会い:ヤサとブッダの運命的な邂逅

ある日の明け方、ブッダは鹿の園で歩く瞑想(経行きんひん)を行っていました。遠くから一人の上品で端正な青年が近づいてくるのを見て、ブッダは坐を取りました。

「ああ、実に悩ましい。ああ、実にわずらわしい」と嘆きながら青年が通りかかると、ブッダは透徹とうてつした声をもって彼に呼びかけました。

「ここには悩みもわずらいもない。こちらに座りなさい。私が君に教えを説こう」

青年は大いに喜び、黄金のサンダルを脱いでブッダの傍らに座りました。彼の名はヤサといい、ヴァラナシの大富豪の息子でした。

ヤサは季節ごとの宮殿を与えられ、日々美しい侍女たちに囲まれて快楽に耽る生活を送っていました。

しかし、夜明け前に一人目覚めたヤサが周りを見渡すと、侍女たちが髪を乱し寝言を言い、よだれを垂らし無様な姿で眠っているのを目の当たりにしました。

彼は心の中で「まるで墓場だ。こんな生活はもう嫌だ!」と叫びました。そうして悩みに満ちたまま、彷徨い歩いていたのです。

ブッダはヤサに、順序よく法を説きました。それは以下の通りです。

1.布施の重要さ
2.戒律の重要さ
3.天界に生まれることの素晴らしさ
4.煩悩のデメリットと、煩悩から解放されること(解脱)のメリット

これらの教えを段階的に説明すると、ヤサの心には健全な心、柔和な心、偏見にとらわれない心、歓喜の心、そして澄み切った心が備わってきました。そして、ブッダはさらに『四つの聖なる真理』を説きました。

その結果、ヤサの中に真理を見る汚れのない法眼が生じました。「およそ原因と条件によって生起するものは、すべて消滅する性質のものである」と彼は悟りました。

開かれる眼:ブッダの教えに心を開く人々”

朝になり、ヤサの両親は息子がどこにもいないことに気付き、家人総出で探しました。父親は鹿の園でヤサの黄金のサンダルを見つけました。

ブッダは神通力でヤサを見えなくしておきながら、父親に同じように教えを説きました。父親は深く感激しました。

「すばらしいことです、すばらしいことです、尊い御方よ。倒れたものを起こすように、覆われたものを開くように、迷える者に道を示すように、暗闇の中に灯火をかかげるように、あなたは真理を明らかにされました。

私は『ブッダ』に帰依します。『真理の教え』に帰依します。『出家修行者の集い』に帰依します。どうか私を在家信者として受け入れてください。今日から命の終わるまで帰依きえいたします

こうしてヤサの父親は、三宝さんぽうに帰依する最初の在家信者となりました。

父親への説法は、同時にヤサにも向けられていました。ヤサは執着から離れ、煩悩から解脱しました。ブッダはこれを知り、神通力を解いて、父親の前に喜びに輝くヤサの姿を現しました。

ブッダはヤサの父親に言いました。「長者よ、ヤサはそなたと共に真理の法を聴いて、心が煩悩から解脱した。彼は再び世俗の生活に戻り、以前のように様々な快楽を楽しむことができるだろうか?」

「尊い御方よ、それはできません。ヤサに執着がなくなり、心が煩悩から解脱したということは、彼にとって喜ばしいことです。どうかヤサをあなたの弟子として従え、私の家の食事にお越しください。そして家族全員に悟りの道を説いてください」

ブッダは沈黙によって、これを承認しました。

ヤサの父親が立ち去った後、ヤサはブッダに深い敬意を表して言いました。「尊い御方よ、私はあなたのもとで出家し、戒を受けたいのです」

ブッダは応えました。「来たれ、修行者よ。法はよく説かれた。苦しみを滅するために清らかな修行を行なえ」

その後、ブッダとヤサと5人の修行者たちは、ヤサの両親の家を訪れました。そこで彼らは食事の供養を受け、ブッダはヤサの母親と妻にも同じように教えを説きました。

彼女たちは喜びに満ちた声を上げました。「なんと素晴らしいことでしょう! 私たちはブッダに帰依します。真理の教えに帰依します。出家修行者の集いに帰依します

こうしてヤサの母親と妻は、一番最初に三宝に帰依する女性の在家信者となりました。ヤサの一家は、彼らの家族生活の中で、仏道を歩むことを決めたのです。

「修行者たちよ、散れ、歩め、法を説け!」

その後、ヤサの良家の友人たちもブッダに導かれ、そのうちの54人が出家し解脱しました。こうしてこの世に、ブッダの弟子として出家し解脱した者は合わせて60人となりました。

ブッダは彼らに言いました。

修行者たちよ、歩みを進めよ。多くの人々の利益のため、多くの人々の安らぎのため、そして世間に対する慈悲のために、一人で遍歴し、教えを説け。二人として同じ道を行ってはならない。私もまたこの地を去り、ウルヴェーラーへ赴こう」

こうして、教えを広めるために、弟子たちは托鉢椀を持って、それぞれ異なる地へと旅立っていきました。彼らの旅は多くの人々の心に触れ、悟りの道へと導くことになります。ブッダの教えは、彼らを通じて、さらに広がるのでした。

コメント