マヘンドラナート・グプタ(M)の生涯(6)『不滅の言葉(ラーマクリシュナの福音)』誕生秘話

Ramakrishna world

Mのお金の使い方

1886年8月16日深夜1時、最愛の師ラーマクリシュナカーリー女神の名前を三度唱えると、肉体を去りました。このときもMはそばに付き添っていました。

師の死後、ナレンドラと若き弟子たちはバラナゴルに古い屋敷を借り、ラーマクリシュナ僧団を形成しました。

その当時、Mは三つの学校に勤めていました。学校の一つからの給料をバラナゴル僧院に、二つ目からの給料は自分の家庭に、三つ目は師の未亡人サーラダー・デーヴィー(ホーリーマザー)のために使いました。M自身は自分の肉体の快適さのために、お金を使うことはほとんどありませんでした。

ホーリーマザーとの絆: Mの信仰と献身

Mはラーマクリシュナと同様、ホーリーマザーに対しても計り知れない信仰心がありました。ホーリーマザーも、Mとその家族に特別な愛情を抱いていて、Mの妻のニクンジャ・デーヴィーとは、何度も一緒に巡礼の旅に出ています。

また、ホーリーマザーは何か入り用なものがあると、Mに知らせていました。ジャガッダートリー(世界の母)供養祭のための土地を購入するとき、Mに金を送るように伝えました。Mは手紙を受け取ると、ただちに320ルピーを送りました。

ホーリーマザーの生地ジャイランバティが水不足に見舞われたとき、井戸を掘る費用を依頼すると、Mは100ルピーを送金しました。

ある日のことです。性欲に心をかき乱された弟子が、ホーリーマザーのもとにやって来ました。弟子の相談に対して、彼女は何も言わずに、ただ弟子をじっと見つめました。

弟子はただちにMのもとへ赴き、ホーリーマザーに迷惑をかけてしまったと告白しました。

M「どういうわけだね? 君はマザーの子供で、深く愛されている。どうしてその君が乞食のようにふるまわなくてはならないのだね? マザーが一瞥いちべつを投げかけたのではないのかね?」

弟子「ええ、マザーは私を長い間見つめてくださいました」

M「それならば、何の心配があろうか」

ベンガル語の歌を引用し、Mはさらにこう言いました。「聖なる母からおやさしいまなざしを投げかけられた者は、至福の内に泳ぐ

Mがこの歌詞を三度、深い熱情をこめて繰り返すと、弟子の心は平安に満たされました。そしてホーリーマザー自身が、自分をMのもとに送って、その一瞥の意味を説明したことに気づいたのです。

『不滅の言葉』誕生の裏側: Mによるラーマクリシュナの言葉の保存

1897年から35年間にわたり、Mはただ一つのこと、ラーマクリシュナのメッセージを世に広めることだけを考えていました。Mは生涯をかけて、師の珠玉の言葉を人類に届けました。Mは不朽の名作『不滅の言葉(ラーマクリシュナの福音)』をこの世に現わしたのです。

ラーマクリシュナは生前、部屋が多くの信者で混雑しているときでも、必ずMをそばに座らせました。興味深いテーマになると、突然師はMに「理解したかね? そのポイントをよく書き留めておきなさい」と言いました。

重要な会話の場にMがいないと、彼を呼び寄せました。また、他の弟子が師の言葉をメモしていると、ラーマクリシュナは「もうそれをする者がいる」と制止しました。後にMが『不滅の言葉』を発表したとき、信者たちはやっと師の振る舞いのわけを理解したのでした。

Mはラーマクリシュナのもとを訪れるたびに、日記に書き留めていました。当時のMは自分の使命を自覚しておらず、これらのほとんどはメモ書き程度の短い文章でした。

単語一つの場合もありました。他の者がこの日記から詳細を再現することは不可能でした。

しかしMには驚異的な記憶力がありました。メモ書きを瞑想することによって記憶を引き出したのです。

Mはこのように語っています。「あらゆる場面を私は何度となく瞑想した。そして師の恩寵によってそれらの瞬間を再現し、再び体験した。

自分の記述に納得がいかないときには、師を瞑想することに切り替えた。そうすると、正しいイメージがまばゆく本当に生き生きした姿で目の前に現われた

『不滅の言葉』へのホーリーマザーとヴィヴェーカーナンダの書評

ある日、Mはその一部をホーリーマザーに読み聞かせました。それを聞いて、彼女はこの上なく満足しました。「あなたの口から聞いていても、わたしには全てあの方がおっしゃっているように感じます」とMを祝福しました。

後日の手紙の中でホーリーマザーは次のように記しています。「愛するわが子よ! あなたがあの御方のそばで聞いていたことは全て真実です。だから、あなたは何も恐れることはありません。

あの時、あの御方が、あなたのもとに、これらのお言葉を全て置いていかれたのです。そして今、必要に応じてあの御方が、世に出そうとしています」そして、本を出すように命じました。

1897年、彼は様々な雑誌に師の言行録を、Mという名前で寄稿し始めました。ヴィヴェーカーナンダは読後感を次のように書き送っています。

「素晴らしいです。内容の進め方が実に独創的です。いままでの『人類の偉大な教師たち』の伝記や言葉は、書く人の主観によってけがされてきましたが、あなたは全くそうなさっていません。

言葉使いもまた、あらゆる讃辞も及ばぬほど、新鮮で、鋭く、すっきりしてわかりやすい。わたしがこれをどんなに楽しんだことか、言葉では表わせません。読んでいるうちに、我を忘れてしまうのです。

「わたしたちの仲間の誰もが、なぜ師の伝記や言葉を書かなかったのか、いまになってはっきりと分かりました。この偉大な仕事はあなたがなさることに決定していたからです。

師があなたと共にいらっしゃることは、明らかです。

ソクラテスの対話で、プラトンは世にあまねく知れ渡っています。しかしあなたは、完全に隠れていらっしゃる」

なぜMと称したのか?

この『不滅の言葉』において、マヘンドラナート・グプタは自分のことを『M』と称して、自分自身を隠しきりました。作者としての露出を抑えるために、Mは多くの登場人物の一人として控えめに描かれています。

とはいえこの作品は彼の日記が元になっているため、当然Mが毎回登場します。そこで彼はさらに多くの仮名を使い、あたかも複数の人物がいるかのように読者に魔法をかけています。

モニ、モヒニ・モハン、一人の信者、マスター(校長)、英国流の紳士…。

いくつかの箇所で自分自身の考えや思いを書いていますが、それもあくまで師の偉大さを称えるための手段でした。

1902年、すでに出版されていたものが集められ、ラーマクリシュナ・ミッションの出版部から『不滅の言葉』第一巻が出版されました。

『不滅の言葉』には、第一話、師との出会い1882年2月26日から、師が亡くなる数か月前の1886年4月23日までのラーマクリシュナの言行が記録されています。

ラーマクリシュナの最期が描かれなかったのは、Mが師の病床の日々を思い出すことに耐えられなかったからです。この本の最終章は、師の死後に創設されたバラナゴルの僧院をMが訪問したところで終わっています。

『不滅の言葉』の舞台背景や自然の描写はリアルで、Mの記憶力と文才には驚かされます。読者もその場にいるような錯覚に陥るほどです。

コメント